顔汗を止めるツボはこちら|効果や効能とは?

顔汗を止める方法としては様々な方法がありますが、その一つにツボを押すという方法が挙げられます。

 

顔汗を抑えることができるツボとしては、大包と屋翳があげられます。

 

まず大包は、脇の真ん中から下に向かったところにあります。

 

この大包は、顔や脇の汗を即効的に止める効果があるといわれています。

 

もう一つの屋翳は乳首から 3から5センチほど上の部分に向かったところにあるツボです。

 

この二つを押さえる時のポイントとしては、左右にある両方のツボを同時に押さえるのがポイントです。

 

力強く押し、その後、力を緩めることを、2、3分間繰り返します。

 

強さとしては痛いけれども気持ちがいいと感じる程度の強さで押すようにしましょう。

 

両腕を胸の前でクロスさせて、脇の下にある大包を中指の腹で押し、屋翳を親指の腹で押すようにすると、同時に4カ所のつぼを押さえることが可能です。

 

左右どちらか一方を押さえてしまうと、押さえていない側から汗が出てしまうため、両方同時に押さえるのがポイントです。

 

この二つのツボは、一人でいる時であればできますが、仕事中や普段の生活の中では、自分の指で押さえることは難しいという人も多いでしょう。

 

その場合には、お手洗いに行った際や更衣室など、一人になった瞬間をねらって、押さえてみると良いでしょう。

 

緊張する場面で、顔汗を止めたいという場合には、自律神経のバランスを整えるツボを押すとよいでしょう。

 

手の甲の側の親指と人さし指の骨がぶつかるあたりにあるツボが合谷です。

 

反対側の手の親指で押したり、まわすように刺激をしてみましょう。

顔汗を止めるツボはこちら関連ページ

顔汗を止める注射とは
顔汗を止める方法の一つに、ボトックス注射があげられます。
顔汗を止める漢方はコレ
暑くないのに顔汗をかきやすく悩んでいる方は多くいます。顔汗をかくと人目も気になりますし、化粧崩れの原因にもなります。そんな顔汗を止める方法として有効なのが漢方です。
顔汗を止める手術とは
顔汗はストレスや食生活、ホルモンバランスの乱れが原因の場合も多く、これらを改善しても効果が見られず、仕事や生活に影響を及ぼす場合、手術を検討する必要もあります。
顔汗を止める薬はこちら
運動不足の解消や精神を落ち着かせるといったことが顔汗を止めるために必要となりますが、自分自身で対策を行うには限度もあるため、薬の使用も選択肢として挙げられます。