顔汗を止める手術とは|内容や費用・効果・副作用

顔汗を止める方法の一つに手術が挙げられます。

 

顔汗はストレスや食生活の乱れ、ホルモンバランスの変化などが原因になっている場合も多く、これらを改善したり、治療を受けることで症状が改善されることもありますが、それでもあまり効果が見られずに、仕事や生活していくうえで影響を及ぼすようであれば手術を検討する必要もあります。

 

病院に行く際には、内科を受診します。

 

特に健康に問題がないと言われた場合には、病気ではないと治療を受けられない可能性もあります。

 

その場合には皮膚科や心療内科を受診してみましょう。

 

何科を受診すればよいかわからない場合には、総合病院を受診して、受け付け、相談してみるのもよいでしょう。

 

手術が最適な治療方法であると診断された場合には、まずは胸腔鏡下交感神経節遮断術が検討されます。

 

この方法は、汗をとめる効果が高く、費用も時間もあまりかかることのない、代表的な方法と言えます。

 

全身麻酔を行なったうえで、汗が出る原因となっている交感神経を、電気メスを使って切断します。

 

30分以内で終わり、日帰り手術が可能です。

 

この手術の費用としては、国から認可を受けている手術であるため、健康保険が適用されて、8から9万円ぐらいが相場とされています。

 

副作用としては、特定の部位からの発汗を止めることで、ほかの部位からの発汗が増えます。

 

術後ほとんどのケースでみられるので、この副作用を覚悟したうえで、手術を検討する必要があります。

顔汗を止める手術とは関連ページ

顔汗を止める注射とは
顔汗を止める方法の一つに、ボトックス注射があげられます。
顔汗を止める漢方はコレ
暑くないのに顔汗をかきやすく悩んでいる方は多くいます。顔汗をかくと人目も気になりますし、化粧崩れの原因にもなります。そんな顔汗を止める方法として有効なのが漢方です。
顔汗を止める薬はこちら
運動不足の解消や精神を落ち着かせるといったことが顔汗を止めるために必要となりますが、自分自身で対策を行うには限度もあるため、薬の使用も選択肢として挙げられます。
顔汗を止めるツボはこちら
顔汗を止める方法としては様々な方法がありますが、その一つにツボを押すという方法が挙げられます。